豊田真由子の辞めた秘書は野党(民進党)のスパイ?わざとらしいミスは罠?

自民党の豊田真由子議員が、辞めた元秘書に対して、怒鳴り散らしている音声が公開され、騒動になっています。

豊田真由子議員の元運転手がテレビに出るなど、騒動はまだまだ収まりそうにありません。

これまで、豊田真由子議員本人のことや、元秘書、元運転手のことなどをこのブログに書いてきましたが、今までのことを照らし合わせると、豊田真由子議員の元秘書は、実はスパイだったのではないか、という可能性が浮かび上がってきました。

豊田真由子 スパイ」「豊田真由子 秘書 スパイ

などの検索キーワードも出てきたので、この記事では、それらについて書こうと思います。

スポンサーリンク

豊田真由子の元秘書のミス一覧

豊田真由子議員の元秘書のミスに関しては、これまでで判明している中でいくつかあります。

バースデーカードの宛名ミス、バレンタインデー騒動、高速道路逆走、などです。

まず一つ目のバースデーカードの宛名ミスとは、豊田真由子議員が、自身の支援者の誕生日にバースデーカードを送るため、秘書に住所と宛名を入力させたのですが、そこで秘書は47人分も住所と宛名を間違え、豊田真由子議員に激怒されたという話です。

そしてバレンタインデー騒動とは、別名、バレンタインデーおつかい騒動とも呼ばれており、豊田真由子議員がバレンタインデーに、200人分の高級チョコレートを買ってこいと秘書に言いつけ、総額で40万円になったそうなのですが、秘書は現金ががなく、クレジットカードも持ってないので払えず、豊田議員に、「クレジットカードも持ってないの!」

と激怒された話です。

高速道路逆走とは、テレビで何度も流されているあの音声で、怒号の対象になっている元秘書が、豊田真由子議員を乗せて、高速道路を走っていた際、出口を間違え、逆走してしまい、「人の命をなんだと思ってる!」

と激怒された話です。

豊田真由子の元秘書のミスはわざとらしい

元秘書のそれらのミスを見返してみて思うのは、どれも、あまりにもわざとらしいということです。

議員の秘書なら何事にも慎重になるはずですし、多めの現金やクレジットカードくらい持っていそうなものです。

高速道路の逆走などはもってのほかで、本気で仕事に取り組んでいるならありえないミスだと、普通なら考えます。

そこで思うのは、わざとらしいミスを繰り返す元秘書は、実は、自民党の支持率が下がることを望む、民進党などの野党のスパイではないかということです。

実はそれらのミスはすべて豊田真由子議員を怒らせるためのもので、手を上げるくらいまで怒らせ、その様子をICレコーダーで録音して、テレビ局に垂れ込み、豊田真由子議員をはじめとして、自民党の評価を下げようとしているのではないかと。

7月2日には都議選もありましたし、豊田真由子議員の一連の騒動が響かないということは考えられません。

秘書が本当に真面目に仕事をしていてあのようなミスを繰り返していたのなら、使えない、無能、と言われても仕方がないですが、一連のミスのわざとらしさからするに、スパイという可能性も十分にあるのではないかと感じました。

スポンサーリンク

豊田真由子はスパイを警戒していた?

豊田真由子議員の元秘書を名乗る人物が2chに現れ、(テレビで流れている、高速道路を逆走した人とは別人)

豊田真由子議員のいくつかのエピソードを語っていました。

なんでも、豊田真由子議員は日頃からスパイを警戒していたようで、秘書に対して、「情報を民進党に売るのか?」

などとたずねていたこともあったようです。

しかし、仮に元秘書がスパイだったとして、なぜ豊田真由子議員のもとについたかというと、やはり、普段から怒りっぽく、パワハラがひどいと有名な豊田議員なら、怒らせやすいだろうし、すぐに手も上げるだろうと読んだからだと思います。

そうなるとやはり、普段から傍若無人な振る舞いをしている豊田議員にも問題がありますし、起こるべくして起こったと言えますね。

秘書がスパイだったとしたら、スパイを送り込んだ野党もひどいと思いますが、かといって、娘をおどしたりする豊田議員の発言はひどいですし、なかなか擁護できるものではありません。

まとめ

  • 豊田真由子の元秘書のミスはわざとらしいものが多い。
  • 都議選もあり、豊田真由子の元秘書は野党が送り込んだスパイである可能性はある。
  • 豊田真由子は普段からスパイを警戒していた。

仮に元秘書がスパイだったとしたら、そのようなあやしい人物を安々と雇ってしまった、豊田議員の事務所にも問題がありますね。

豊田議員の事務所は過去に100人も秘書がやめている、ブラック事務所らしく、新しく採用する秘書のいちいち細かいことを調べていられなかったのかもしれません。

豊田議員がスパイを警戒していたのも、普段の自分の傍若無人さに後ろめたさがあり、万が一に秘書がスパイで、垂れ込まれたらどうしよう、と思っていたからではないでしょうか。

本当に元秘書がスパイだった場合、その通りになってしまったということになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク