豊田真由子はアスペルガーか、人格障害?精神病での入院先は?

エリート議員という印象が強かった豊田真由子議員ですが、今回の、元秘書に怒鳴り、手を上げた騒動で、モンスターや最凶伝説という印象が強くなっています。

音声をきいた世間の人は、あそこまで人に対して激怒するのは、なんらかの精神病なのではないか?

という疑問を抱いたようです。

豊田真由子代代議士と精神病に関して調べていると

豊田真由子 アスペルガー」や「豊田真由子 人格障害」という、キーワードが出てきたので、それについて考察してみます。

スポンサーリンク

豊田真由子はアスペルガー?

まず、豊田真由子議員がアスペルガー症候群なのかどうかについてです。

アスペルガー症候群は発達障害の一種で、先天性のものです。

特徴としては、空気が読めない、人の気持ちが理解しにくい、一つのやり方などに固執する、などがあります。

発達障害に関しては内容が深く、ここでは書ききれませんが、世間では少しずつ発達障害への認知が広まり、その結果、豊田真由子議員はアスペルガー症候群なのではないか、という憶測が飛び交っているのだと思います。

私の知り合いにもアスペルガー症候群の男性がいますが、確かにほとんど空気が読めない人です。

豊田真由子議員が空気が読めない人なのかどうかは、他の動画などで様子を見ないとわかりませんが、元秘書へのあの怒鳴り方は、人の気持ちが理解しにくい、という特徴には当てはまる気がします。

豊田真由子議員が元秘書を怒鳴る音声

元秘書が対等にやりあおうとしてくるならまだしも、音声をきくと、明らかに無抵抗です。

そんな相手に、あれだけ攻撃できるのは、相手の気持が理解できないと言われても仕方がありません。

アスペルガー症候群は、一つのことに集中すると、ものすごい力を発揮すると言われていますが、豊田真由子議員がハーバード大学という超エリート大学を卒業できたのも、その能力を活かせたからだという憶測もあります。

しかし自分は、豊田真由子議員はアスペルガー症候群というより、下記の、人格障害のほうが特徴としては近いのではないかと思います。

豊田真由子は人格障害?

豊田真由子議員は、アスペルガー症候群だけでなく、人格障害(パーソナリティ障害)なのでは?という憶測が飛び交っています。

人格障害には様々な種類があり、私も昔からある程度調べているのですが、私の憶測だと、豊田真由子議員は、境界性人格障害か、間欠性爆発性障害の二つのどちらか、もしくはどちらもではないかと思います。

境界性人格障害は俗にボーダーやボダと呼ばれる人格障害であり、下記のような特徴があるとされています。

現実または妄想で、人に見捨てられることを強く恐れ、不安を抱いている。
・対人関係の変動が激しく、コミュニケーションが安定しない。
・気分や感情がめまぐるしく変わり、周囲の人々がついてこられない。
・感情のブレーキが効かず、ちょっとしたことで癇癪(かんしゃく)を起こしたり、・激しく怒り、傷つきやすい。
・いつも空虚な気持ちを抱き、幸せを感じにくい。
・生きることに対して辛さや違和感を持ち、自分が何者であるかわからない感覚を抱いている。
・強いストレスがかかったとき、一時的に記憶がなくなり、精神病状態に似た症状を起こしやすい。

引用元 http://1mental-clinic.com/border/

あの動画だけでは、これらの内的な要因で怒っているかは判別がつきにくいですが、一般的には境界性人格障害は、ブチ切れる人という印象が強いので、まずその点では合致しています。

間欠性爆発障害は、簡単に言うと手がつけられない癇癪(かんしゃく)をもつ障害のようです。

感情を抑制できず、怒りはじめるとひたすら怒鳴りつけたり手を上げたりするようです。

原因には、セロトニンの分泌不足などがあるようです。

そして、他の精神的な病気(うつ病や、上記の境界性人格障害など)が、関係している場合もあるようです。

どれにしても、無抵抗の人間に対する異常なほど怒りっぷりは、何かしらの人格障害や精神病にあたるのは間違いないのではないでしょうか。

パーソナリティ障害(人格障害)のことがよくわかる本 (健康ライブラリーイラスト版) [ 市橋秀夫 ]

豊田真由子の人格障害についてのネットの反応

https://twitter.com/aiko33151709/status/877887388986425344

スポンサーリンク

豊田真由子が精神病で入院?

上記で説明した、怒りっぽさに関係する人格障害や精神病とは別に、今回の騒動で離党届を提出し、辞職しろとまで騒がれている豊田真由子議員は、そのことが原因で精神病のような状態になり、入院したそうです。

自分が撒いた種ですが、ここまで批判されると、豊田真由子議員も精神不安定になり、怒るのではなく、うつ病的な方向で精神を病んでしまったようです。

豊田真由子の入院先は?

結果、精神科に入院したそうですが、その入院先の病院はどこなのでしょうか?

豊田真由子議員の入院先について調べてみると、楽山病院という、有名な精神病院が出てきました。

豊田真由子議員の選挙区である埼玉県で有名な精神病院です。

以前話題となった、高畑裕太さんも入院した病院です。

そこではなく、都内の病院だという情報もありました。

多くの芸能人も通ったと言われる、国立精神・神経医療研究センターという精神病院です。

はっきりしたことはわかりませんが

自身の選挙区である埼玉県の楽山病院に入院したという可能性が高いです。

まとめ

  • 豊田真由子議員はアスペルガー症候群というより人格障害の可能性が高い。
  • 豊田真由子議員は境界性人格障害か間欠性爆発障害の可能性が高い。
  • 豊田真由子議員の入院先は埼玉県の楽山病院か都内の国立精神・神経医療研究センター。

今回、豊田真由子議員は騒動によるショックで精神科に入院されましたが、いずれは人格障害の治療という目的で、何らかの措置をする必要があると思います。

人格障害は薬では治りづらいと言われており、本人の意思が強く関係するようなので、一朝一夕には難しいようです。

この騒動のショックで内省し、怒りっぽい性格も治り、穏やかな人になってほしいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク