メアリと魔女の花の原作は?登場人物と声優も紹介!

「借りぐらしのアリエッティ」や「思い出のマーニー」の監督を担当した、

米林宏昌監督の長編アニメーション映画「メアリと魔女の花」が、

2017年7月8日に公開されることが決定しました!

「メアリと魔女の花」は、ジブリっぽい雰囲気ですが、ジブリ作品ではなく、

元ジブリスタッフたちが集まった「スタジオポノック」制作の映画です。

この記事では「メアリと魔女の花」の原作の小説について、

そして、登場人物声優について書きたいと思います。

スポンサーリンク

メアリと魔女の花の原作小説「The Little Bloomstick」


The Little Broomstick

メアリと魔女の花の原作は、1971年に発表されたイギリスの児童文学作品、

The Little Bloomstickというものです。

作者はメアリー・スチュアートという人です。

(主人公の名前はメアリー・スミス)

初版が1971年なので、今から40年以上も前の古い作品です。

同じく魔女や魔法を題材とした作品で、有名なものに、

「ハリー・ポッター」シリーズや、「魔女の宅急便」がありますが、

メアリと魔女の花の原作小説は、それらよりも古いです。

映画版のあらすじ

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花《夜間飛行》。
それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”だった。
一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学“エンドア”への入学を許可。
されるが、メアリがついたひとつの嘘が、やがて大切な人を巻き込んだ大騒動を引き起こしていく。

しだいに明らかになる”魔女の花”の正体。
メアリは魔女の国から逃れるため、
すべての魔法を終わらせようとする。
そのとき、メアリはすべての力を失ってしまう───。

出典:「メアリと魔女の花」公式サイト

前の記事にも書きましたが、映画版のあらすじだけでは、

いまいちよくわからない部分があるので、

原作小説(和訳版)のあらすじと比べて見てみましょう。

原作小説(和訳版)のあらすじ

メアリーは夏休みのあいだ、
田舎の古い屋敷に住むシャーロット大おばさまのところに預けられることに。

ある日、近くの森を歩いているとまっ黒な子猫のティブに出会いました。

ティブに導かれるままに森の奥へ歩いてゆくと、
七年に一度しか花をつけないという不思議な花“夜間飛行”を見つけます。

庭で見つけた古いほうきに偶然“夜間飛行”の花粉が付くと、

ほうきはメアリーを乗せたまま空高く舞いあがりました。

そうしてメアリーが飛んで行き着いたのは…なんと魔女の学校だったのです。

出典:「小さな魔法のほうき」Amazon

当たり前ですが、どちらのあらすじも、

ラスト周辺については書かれていません。

この記事に、原作小説を参考にラストをネタバレした内容を書きましたので、

興味がある方は御覧ください。

↓ ↓ ↓

メアリと魔女の花のあらすじとネタバレ!魔女の宅急便のパクリ?

メアリと魔女の花の原作は入手困難?


The Little Broomstick

上にも書きましたが、メアリと魔女の花の原作小説は、

なにしろ40年以上前の作品なので、入手が困難になっているようです。

Amazonでハードカバー版を入手しようとすると、1万円以上するようです。

Kindle版は約600円、約ペーパーバックは2000円です。

気になる方は図書館などで探してみるのもいいかもしれません。

メアリと魔女の花の原作の日本語訳版「小さな魔法のほうき


小さな魔法のほうき

メアリと魔女の花の原作小説「The Little Bloomstick」には日本語訳版もあり、

それは「小さな魔法のほうき」というタイトルです。

こちらはAmazonで20000円以上するので、

気になる方は、図書館で探すのがよさそうです。


新訳 メアリと魔女の花 (角川文庫)

映画公開前の2017年6月17日には、

新訳版も出るので、チェックしておきましょう。

今すぐ会社をやめても困らないお金の管理術

メアリと魔女の花の登場人物

主な登場人物
メアリ
声 – 杉咲花
この物語の主人公である平凡な11歳の少女。赤毛、青い瞳、そばかすが特徴。好奇心旺盛で天真爛漫だが、何をしても上手くいかず不満と不安を抱えている。

ピーター
声 – 神木隆之介
メアリがついた小さな嘘によって大騒動に巻き込まれる、12歳の少年。

赤毛の魔女
声 – 満島ひかり
魔女の国から禁断の花を盗み出した謎の魔女。メアリと同じく赤毛。「魔女の花」の秘密を知る。

赤い館の人々
シャーロット
声 – 大竹しのぶ
赤い館の主人で、メアリの大叔母。

バンクス
声 – 渡辺えり
赤い館の家政婦。

ゼベディ
声 – 遠藤憲一
赤い館の庭師。

ミス・マージョリーバンクス

マクレオッド

ナンシー

魔法学校の人々
フラナガン
声 – 佐藤二朗
エンドア大学のほうき小屋の番人。

マダム・マンブルチューク
声 – 天海祐希
メアリが迷い込む魔法世界の最高学府「エンドア大学」の校長。

ドクター・デイ
声 – 小日向文世
エンドア大学の科学者。

動物
ティブ&ギブ
声 –
赤い館村に住む2匹の猫。メアリの相棒であるティブの体は黒く、ギブの体は灰色。

コンフューシャス(犬)

メアリと魔女の花の声優

ざっと見ても、有名な女優さんや俳優さんが多いですね。

本職の声優の方はほとんど(全く?)いないので、

そこもジブリと似ていて、賛否両論かなと思います。

メアリ役の杉咲花は『思い出のマーニー』の彩香役

メアリ役の杉咲花さんは、同じく米林宏昌監督の『思い出のマーニー』彩香役でした。

NHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』の妹 美子役や、

TBSドラマ『夜行観覧車』の遠藤彩花役も演じられました。

さらに2017年4月29日公開『無限の住人』のヒロイン、浅野凜役も演じられています。

有名な作品に引っ張りだこですね。

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』第40回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞も受賞しました。

メアリと魔女の花のヒロイン メアリ役を演じることで、

さらに知名度が高まり、なお一層の活躍が期待できそうです。

まとめ

・メアリと魔女の花の原作は、1971年に発表されたイギリスの児童文学作品、The Little Bloomstick

・原作小説は入手困難、和訳版も高騰、新訳版が2017年6月17日に発売。

・声優は有名な女優さんや俳優さんが多い。

・メアリ役の杉咲花さんは思い出のマーニーの彩香役、人気作品に多数出演の女優。

さいごに

映画を見る前に原作小説を読みたいところですが、

上述のように値段が高騰しているので、

英語が読める方はKindle版を買うか、図書館で探しましょう。

和訳版が読みたい方は、図書館で探すか、

2017年6月17日発売の新訳版を読みましょう。

メアリ役の杉咲花さんは思い出のマーニーの彩香役も演じているので、

どんな演技が気になる方は、思い出のマーニーや、

杉咲花さんが出演している作品をチェックしてみましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク