いときん(ET-KING)の本名は?肺腺癌(がん)の原因は喫煙?復帰はいつ?【画像】

ボーカルとDJとMCからなるJ-POPユニットET-KINGのリーダーでボーカルのいときんさんについて紹介します。

Et-king のリーダーのいときんさんが肺腺癌のため治療に専念することが3日 グループの公式サイトで発表されました。

いときんさんは今年6月の定期検診で肺腺癌が見つかり7月に細胞検査などをした結果ステージ4の進行癌であることが判明。

本人のコメントによると「リンパ線そして脳にも移転しています」とのことでした。

本人とスタッフの話し合いの末しばらく治療に専念し年内のライブ活動を休止すると発表。

et-king とOSAKA ROOTSの活動自体は継続するそうです。

いときんさんは肺腺癌の他にも深部静脈血栓症のため7月26日から入院しています。

この記事ではいときんさんの本名と名前の由来について、肺腺癌原因喫煙によるものなのかどうか、復帰はいつ頃になるのかについて書こうと思います。

スポンサーリンク

いときんのプロフィール

生年月日:1979年3月3日
身長:173.5cm
体重: 83kg
足のサイズ:28.5cm
血液型: A型
出身: 兵庫県
名前の由来:僕といっしょのいときんより
持っている資格:柔道整復師
趣味:好きな人と酒を飲む
出典:ET-KING公式サイトより

いときんの本名は伊東欣司?山田よしまさ?

まず et-king というグループ名の由来ですが、外国人がたまたまリーダーの「いときん」という名前を聞いた際に「What?et-king?」と返してきたことから来ているそうです。

そしていときんさんの名前の由来は公式プロフィールでは「僕といっしょのいときんより」と書いています ・

「僕といっしょ」とは古谷実さんのマンガでその漫画にいときんと言う人物が登場します

僕と一緒という漫画のいときんの画像

確かに似ているでしょうか 比較画像がありました

僕といっしょのいときんといときんさんの比較画像

いときんさんの本名ですが、 調べると2つ出てきました。

ひとつは伊藤欣司もう一つは山田よしまさだったのですがどうやら伊藤欣司と言うのはガセのようです。

伊藤欣司略していときんと思われがちですが上記の様にいときんさんの名前の由来は僕と一緒のいときんに似ていたため らしいので、伊藤欣司ではありません。

いときんさんの顔が僕といっしょのいときんに似ている→いときんという名前に→外国人がいときんという名前をET-KINGと聞き間違える→ET-KINGというグループ名が誕生

という流れなんですね。

スポンサーリンク

いときんさんの肺腺癌(がん)の原因は喫煙?発症はいつから?

肺腺癌は肺がんの一種で、非小細胞肺癌といわれ喫煙との因果関係が薄い癌という特徴があります

いときんさんは喫煙者でありタバコを吸っていたという情報がありましたが、喫煙は発症の直接的な原因ではないと考えられ肺腺癌の発生頻度は喫煙率の低い女性の方は高いです。

なので非喫煙者にも 多く発症する特徴がありタバコは決定的な理由になったわけではないようです。

もちろんタバコは喉にも悪いですし、肺腺癌にならなかったとしても肺がんのリスクは当然あるのでできるが吸わない方が無難です。

しかしタバコを吸っている人でも 肺がんにならない事もありますしあくまで可能性が上がると言うだけです。

肺腺癌の他の考えられる原因としては大気汚染にアスベストそして普段の食生活や運動睡眠生活サイクルなどです。

Et-king は人気グループですので忙しく体調管理や健康診断が満足にできなかった可能性があります

いときんさんはいつから肺腺癌を患っていたかについては分かりませんが、今年の6月の時点でステージ4というかなり危険なところまで進行していたようなので2~3年ぐらい前から癌は出来始めていたのではないでしょうか

肺腺癌には進行が早いという特徴もあり、1年ほど前に癌ができ、少し健康診断をしていない間にみるみるうちに進行したという可能性もあります。

肺腺がんは初期時点では自覚症状が出にくく発見が遅れやすいという特徴もあります。

ちなみにいときんさんは7月26日から深部静脈血栓症という病気で入院していると書いてありましたが、深部静脈血栓症は一般的にはエコノミークラス症候群と呼ばれる有名な病気です。

飛行機などで長時間同じ姿勢でいることなので起こる疾患で、静脈に血栓ができ、痛みや圧迫感が起こる病気です。

肺腺がんと深部静脈血栓症の関係については不明です。

いときんさんの復帰はいつ?余命、死去の噂も…

いときんさんが患った肺腺癌ですが、ステージ4と言うのははっきり言って生存率が極めて低い状態です。

冒頭にも書いたように脳にも癌が転移していると言うのは絶望的な状態かもしれません。

肺腺癌でもステージ1や2であれば抗がん剤治療、放射線治療で完治が望め、今年6月には中村獅童さんも肺腺癌を告白しましたがステージが低かったため無事完治し現在は仕事に復帰しています。

いときんさんは発見した時点でステージ4だったこともあり脳にまで転移しているという状況はかなり厳しいと思います。

肺腺癌のステージ4というのは末期癌であり5年後の生存率は4.7%という低さです。

これは、肺という部位は現在の医学の手術中心主義では根治がしにくいからと言うのが理由です

これからの検査で脳以外への転移も考えられるとするといときんさんの余命は年内と言う可能性もあります。

激やせしている画像もあり死去の噂も出ていますが状況が状況だけに噂では済まない可能性もあります

いときんさんの激やせの画像

いときんさんがもしも亡くなったら et-king にはリーダーがいなくなるということなので活動を継続することも難しくなるかもしれません。

先ほども書きましたが 肺がんは初期の頃は自覚症状がでにくいですが脳にまで転移していたということは何かしらの症状は出ていたのではないでしょうか。

やはり健康診断を頻繁に受ける事はかなり大事だと思います。

ネットの反応

https://twitter.com/_Nyaaao_Love_/status/893114685230166016

まとめ

Et-king はメンバーのTENNさんが2015年6月25日に大阪市天王寺区の自宅マンションの駐車場に停めた車の中で首を吊って自らの命をたつという悲しい出来事がありました。

今回さらにリーダーであるいときんさんにステージ4の肺腺癌を見つかり良くない事が続いています。

今はとにかく休養して癌に打ち勝ち 、復活して元気に歌を歌ってくれることを祈っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク